ホーム>特殊塗装の種類

特殊塗装の種類

特殊塗装の種類

2017616134616.JPG

一般的な外壁塗装は、「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回塗りが基本的な塗装工程ですが、

私たちの特殊防水塗装、下塗りにこだわり、
高弾性塗料の下塗りを4回塗り、中塗り・上塗りの合計6回塗りで塗装しています。

当社が6回塗りにこだわる理由は、

  1. 既存外壁と高密な上塗り塗料の密着性・耐久性を高めるため
  2. 剥がれ・ひび割れを起こす危険性を最小限に食い止めるため

この2点が大きな理由です。各下塗り塗装の内容は

 

下塗り1回目

壁の内面に浸透して固めていく「浸透型強化下塗り剤」を塗装。

 

下塗り3回目

下塗り1回目が乾燥した後、「ゴム質再生下塗り剤」を塗装し厚みを出します。

この工程により、次の中塗りの工程での「密着性」を大きく変え、今後10年後、あるいは15年後を大きく左右します。

その上、長期の塗膜保証期間をご提供する事ができます。

 

下塗り

大手を含む一般の塗料メーカーと違い、実際に塗装職人として現場仕事を行ってきた経験から、

感じていた疑問や要望、お客さまからのご意見や要望などを塗料として形にし、

現場目線から生まれた最強で最高の美しさを提供する国内屈指の老舗メーカー「日本ペイント」を使用しています。

201761614041.JPG

屋根・外壁リフォームをするためには、お住まいの状態を把握しないと良い所も悪い所もわかりません。

「事前にお住まいの状況確認もない」、「屋根に上がらずに下から見るだけのチェック」そんな業者には注意が必要です。

しかも、屋根・外壁リフォームの知識のない担当者が診断をする業者もいます。

残念なことですが、住宅リフォーム業界にはこんな現実もあるのです。

エミフルホームは認定済みの住宅外壁診断士が無料・有料で外壁・屋根を診断いたします!

 

「塗替えに興味はあるけど、何から始めたらいいの?」

「うちに塗替えは必要?」

といった疑問をお持ちの方、是非ニシダ建装の無料診断を体験されてみてください。お家の隅々までチェックさせていただき、塗替えが必要な時期なのか、どのような塗替えが最も適しているのかなど、ご自宅の状態を細かくお伝えいたします。外壁診断士がお伺いいたしますので、気になることは何でもお尋ねください。

全国住宅外壁診断士協会認定・住宅長期支援センター認定・職業技能振興会認定の診断士がお伺いいたします!

201761614544.JPG

エミフルホームの無料診断は、どのお宅も必ず一般社団法人全国住宅外壁診断士協会認定の外壁診断士がお伺いし、お客様とお話をさせていただきます。

責任をもって、お家にぴったりの提案をさせていただきますので、どうぞご安心下さい!

2017617211745.JPG

2017617211928.JPG

 

POINT1. 外観がキレイになる

外壁塗装で、一番実感できるメリットは【外観】の変化。外壁を塗りなおすことで、外観がキレイになり、資産価値も上がります。

また、以前と違う塗装にすれば、イメージチェンジにもなりますし、気持ちよく暮らすこともできますよね。

 

POINT2. 劣化や腐食を防ぐ

何年も外壁塗装をせずにほおっておくと、コンクリート壁にひびが入ったり、鉄部分がさびてしまったり、木材の部分も腐敗している可能性も考えられます。

それぞれに適した塗装工事を行えば、建物の劣化を防ぐことができます。その結果、家の長寿命化にもつながります。

 

POINT3. 防水対策

屋根からの雨漏りだけでなく、ひび割れた壁などから雨漏りすることもよくあります。外壁塗装をすることで、そういったひび割れなどを補修し、家の構造を老化させないというメリットもあります。

 

POINT4. 自然環境からの保護

外壁塗装は、自然環境から建物を守る大切な役割をしています。外壁塗装をすることで、建物の表面に「塗膜」を張ることができ、雨風や強い直射日光、地震や台風などから、建物が傷むのを防いでいます。

特に最近では、断熱効果遮熱効果のある外壁塗装にも注目が集まっています。外気から家を守ることで、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができ、省エネにもつながります。

また、強い海風や排気ガスなどからも、建物を守る働きも外壁塗装のメリットの一つです。

外壁塗装には、外観を美しくするだけでなく家の老朽化や劣化を防ぎ、傷みにくくするというメリットがあります。定期的な外壁塗装を行い、いつまでも家を大切にしたいですね!

2017617212344.JPG

残念ながら、外壁塗装は定期的なメンテナンスが必要です。そのたびにお金がかかってしまうのが、外壁塗装のデメリット。

しかし、外壁塗装を行わなければ、建物は傷み、修理をしなければならなくなります。その結果、修理費用がかさみ、余計にお金が必要になってしまいます。

定期的に外壁塗装を行う方が、家も長持ちしますし、安全に暮らすこともできます。

これを読んでも「分からない」という方がほとんどだと思います。

塗装工事をするか、しないか悩む前にまずは建物診断を。

2017617212442.JPG

屋根・外壁の塗替えがしたい!! じゃあ色はどうしよう?

  • 初めての外壁塗装。。。 どんな色に塗替えられえるかイメージがつかない
  • イメージチェンジしたいけどお隣のお家の色とバランスをみて外壁の色を決めたい
  • 外壁の色は1色だけど、1階と2階の色を別にしてツートンカラーにしてみたい
  • せっかくだから今までとは全然違う外壁の色にしたいけど、どんなふうになるか不安。。。
  • 外壁の色をかっこいい おしゃれな配色にしたいけど、どうしたらよいかわからない
  • 塗装はしたいんだけど外壁の色がなかなか決まらず悩みそう

2017617212631.JPG

実際に塗装しなくても、完成後のイメージが描ける!

2017617212825.jpeg

簡単操作で配色イメージをご提案!

我が家の一大イベント、塗り替え。そう何度もできないものだからこそ、色選びにはこだわりたい。

そんな想いに応えるために、3種類のカラーシュミレーションをご用意しました。

あなたが思い描く住まいのイメージは一体どんなものですか?そっと私たちに教えてください。

その想いがきっと、新しい色たちとの出会いにあなたを導いてくれることでしょう。

201761721306.JPG

あなたのお気に入りから理想のライフスタイルをご提案します。

2017617212853.JPG

住宅街感の特徴から、ぴったりのカラーをご提案します。

201761721315.JPG

ご自宅の写真を使って、仕上がりイメージを確認できます。

外壁&屋根塗装カラーコンサルティング

一般的に、塗り替え時のクレームの内訳の半数は「カラー」に関するものである、ということをご存知ですか?家や店舗、アパートなどの外壁&屋根の塗装等、大面積における色選びは、とても難しいものです。

通常の塗装業者の場合、現場の職人は「カラー」選びのプロではありません。

エミフルホームでは、「日照条件・建物・デザイン・配置など」様々な視点から、施主様のご希望を踏まえたカラーコンサルティングを行っております。

 

一級塗装技能士とは

国家資格である技能検定制度の一種で、中央職業能力開発協会及び各都道府県職業能力開発協会が実施する塗装技能士に関する学科及び実技試験の1級に合格した者をいいます。なお職業能力開発促進法により、塗装技能士資格をもっていないものが塗装技能士と称することは禁じられています。

 

有資格者による高い技術力

エミフルホームでは、国家資格である塗装技能の有資格者が施工をさせて頂きます。これら経験豊富で高度な技術を持ったスタッフが皆様の大切お住まいを施工することで、確かな品質とサービスをご提供することができます。

 

自社施工だからできる安心保証制度!

2017617213152.JPG

エミフルホームでは安心して塗装をご依頼いただけるよう、万全のアフターフォローと保証制度をご用意しています。

いつまでも快適で美しい住まいを保つため、気になることは何でもご相談ください。

信頼いただける施工

2017617213227.JPG

現場調査、施工、定期点検、アフターメンテナンスまで自社で一貫することにより、安心の価格でよりご信頼いただける施工が可能です!

2017617213418.JPG

万が一の時のために賠償責任保険に加入しています。

工事中・工事後のあらゆるリスクに幅広く対応いたします。

  • 管理財物損壊補償
  • 発注者責任補償
  • 生産物、仕事の結果リスク
  • 不良完成品損害補償
  • 使用不能損害補償

売上日本一日本ペイントの人気の秘密!

 

 


 外壁塗装を行う時、塗料の選定は重要なポイントのひとつです。

 

どのメーカーの塗料を使用するかというのは職人の質同様に、しっかりと比較していきたいものです。

 

塗料メーカーを比較する上で、売上日本一のメーカーを外すワケにはいきません。

 

日本ペイントの塗料に大変お詳しい、株式会社ハウスメイク代表取締役鈴木直哉様にお話し頂きました。

 

目次 [表示]

日本ペイントは売上日本一になりました。

20176217930.JPG

日本ペイントは今年の2月に合併しまして、関西ペイントを抜いて売上日本一、世界第4位となりました。

 

2015年度の売上予想は、日本ペイントが5600億で2位の関西ペイントは3500億とかなり大きな差が開きました。

 

創業は1881年で、汎用、自動車用、工業用、船舶用、家庭用、表面処理等の事業領域を持つ130年を超える総合塗料メーカーです。

   

塗料の分野としては、プラント関係(タンク)、橋梁(工業関係)、汎用品(外壁塗装も含む)、車両部門、とありますが、日本ペイントが得意としている部門が、「汎用品(外壁塗装も含む)」と「車両部門」です。

 

この様に数々の分野が存在している中で、一番難しく、技術が必要とされるのが自動車塗装の部門になります。

 

自動車を少し擦っただけで、補修に5万円10万円とかかりますよね。

 

薄い鉄板に、塗料を薄く何層も塗っていくので、建築塗装よりも高い技術が必要で難しいんです。

 

例えば、車両用塗料にメタリックと呼ばれるキラキラしたものが含まれている「パール」「ツーコートパール」「スリーコートパール」という塗料もございますが同様に高い技術が必要です。

 

現在日本ペイントが4年前から売り出しています「ダイヤモンドコートシステム」も元々は自動車塗装で使われていたものを住宅用として開発したものなんです。

 

私達としては一番ダイヤモンドコートシステムをおすすめしているというのはこういった理由からなんです。

 

ダイヤモンドコートとは? 

 

ダイヤモンドコートシステムは日本ペイントの厳しい審査をクリアした認定施工店しか取り扱うことが出来ず、現在全国で20社しか取り扱う事が出来ません。

 

日本ペイントダイヤモンドコートホームページ

 

毎日メーカーさん(日本ペイント)に施工写真などを含むデータ管理されています。

 

こういった管理システムの下、日本ペイントの保証書が出ます。

 

すべてがシステム化されている塗料は日本でダイヤモンドコートシステムしかありません。

 

塗装店さんが施工写真を撮影する事はよくある話ですが、メーカーさんが施工写真を管理するという事は聞いたことが無く、私も長く塗装業界に居ますがすごい事だと思っています。

 

塗料を売るだけではなく、管理の仕方、システムの作り方、アフターまで詰まったやり方を「ダイヤモンドコートシステム」と呼んでいます。

 

なぜこの様なシステムを作ったかといいますと、売上日本一の大手塗料メーカー日本ペイントが、塗料を売るだけでは無く、塗装工事に対しても責任をもって、塗装ってこんなに素晴らしいものですよという事を、多くのお客様に知って頂きたいからなんです。

 

こちらとしても「日本ペイントが責任を持つ工事だったら」という事でお客様にもわかりやすく、ご提案もしやすいです。

 

「メーカー保証って他でも聞いたことある」というお言葉も頂きますが、塗料メーカーはいろいろありますし、創業間もないメーカーがメーカー保証を出しているのは、昔からよくある話です。

 

しかし、日本のNo.1大手塗料メーカーが一戸建ての塗装工事に対して保証書を発行するのは、日本ではダイヤモンドコートシステムしかありません。

 

しかし、新商品、新システムにはつきものの問題点もございます。

 

ダイヤモンドコートの問題点とは? 

 

もちろんダイヤモンドコートは素晴らしい塗料とシステムで、日本ペイントとしても今後日本全国に広げていきたい塗料だと思いますが、取り扱う塗装店がいい加減なオーバートークをしてしまうと、その塗料の評判も悪くなってしまいます。

 

そして、日本ペイントも保証書を発行する責任がありますので、月1回のダイヤモンドコートシステムの研修会を行ったりと徹底した施工販売店選びと教育を行っています。

 

ここまで徹底したシステムですので、お客様も選びやすいと思います。

 

「一般塗装店様の工事を受けますか?」それとも「大手塗料メーカーさんが保証する工事を受けますか?」という選び方が出来るんです。

 

現在の塗装業界の現状として、お客様が「わからないから全てお任せします」というご依頼になりがちなのが20年前から続いてきている業界になります。

 

インターネットの情報も含めて、どれが正しい情報かも分からない状況もありますよね。

 

ですので、お客様自身もしっかりと塗装について学んでいただいて、「正しい知識」を学んで、アフターの部分を聞いて、どんな職人さんが、どんな方法でやるのか、そして最後にお値段で選んで頂きたいと思います。

 

塗装の中でも「下塗り」に注目! 

 

一般の方に多いのは、「シリコン塗料」や「ウレタン塗料」といった塗料は全部「上塗材」で、みなさんここばかりに注目が集まります。

 

しかし重要なポイントは「下塗り」にあります。

 

下塗りもシーラー、フィーラー、プライマー、バインダーなどたくさんあります。

 

相手も鉄板なのか、サイディングなのか、モルタルなのか、珪藻土なのか。

 

500万円以下の工事は、資格が無くても、看板が無くても、建築番号が無くても工事が出来てしまいます。

 

500万円以下といえば、一般住宅ではほとんどの工事が出来てしまいます。

 

塗装工事とは、「塗膜をご提供」する事です。

 

「塗装」と一言でくくられる事が多いですが、足場を建てて、高圧洗浄し、下地調整、クラック処理、下塗り、中塗り、上塗り・・・これらは全て、「適正な塗膜を形成する為の作業」です。

 

適正な塗膜をご提供する為には、「下塗り」や「下地調整」が最も重要といっても過言ではありません。

 

保証内容をしっかり確認! 

あとは、いろんな保証証がありますので保証書の内容をしっかりと確認しなければいけません。

 

年数だけで5年、10年、15年と記載している事もたくさんありますが、内容を見るとめちゃくちゃだったりします。

 

話は戻りますが、ダイヤモンドコートシステムは日本ペイントが保証書を出しますが、「塗膜保証」を行います。

 

ですので、1年目点検、3年目点検、その時点で正常に塗膜が出来ているかという事を無償で施工店が点検にお伺いします。

 

お客様は「本当に来てくれるんですね!」と喜んで頂けますが、「当たり前です」と笑いながらお伝えしています。

 

実際は3年目ともなるとお客様は忘れていらっしゃる事が多いですね。

 

ですが、やっぱりこういった部分で「さすがメーカー工事ですね」というお言葉を頂けます。

 

ダイヤモンドコートシステムの名前を使った悪徳業者に注意! 

やはりこれ程すごい塗料システムですので、ダイヤモンドコートシステムの名前を使った悪徳業者もたくさん出ています。

 

認定施工店では無い塗装店さんがダイヤモンドコートシステムを取り扱えると言って、後々保証書を見ると、施工した塗装店の保証書だけだったという事を聞きます。

 

先程もお伝えしましたが、ダイヤモンドコートシステムを取り扱えるのは、現在全国で20社だけです。

 

訪問販売ももちろんですが、ダイヤモンドコートシステムを勧めてくる業者さんがいたら、ホームページで一度確認してみてください。

 

日本ペイントはこれからも塗装業界をリードしていく

繰り返しのお話にはなりますが、今年売上高日本一、世界第4位となり、看板も大きくなりました。

 

当然の事はありますが、ごまかしやいい加減な事は出来ません。

 

本当にお客様にとって素晴らしい塗料、サービスを提供し続ける為に、企業努力を惜しむことはないでしょう。

 

 

201762171046.JPG

塗料を選ぶ際、「どこのメーカーか?」という点は信頼性の部分で非常に重要なポイントです。日本で一番大きな塗料メーカーの日本ペイントの塗料を比較のひとつとして加えてみても良いかもしれませんね。ほとんどの外壁施工店では「相談」や「見積もり」は無料で行っていますので、地域の信頼のおける施工店に一度相談してみる事をおすすめします!

 

 


201768212220.JPG  20176818484.JPG

 

住宅戦隊 ヌルンジャー 住宅塗装業界の平和を守る!

201762163315.png

大分県地域(大分市・別府市・中津市・佐伯市・日田市・宇佐市・竹田市・臼杵市・由布市・杵築市・豊後高田市・豊後大野市・国東市・津久見市・日出町・玖珠町・九重町・姫島村・湯布院町・久住町・野津町・挾間町・山香町・野津原町・安岐町・安心院町・国東町・庄内町・朝地町・武蔵町・荻町・犬飼町・蒲江町・太田村・院内町・直入町・佐賀関町・三重町・山国町・天瀬町・真玉町・本耶馬溪町・耶馬溪町・香々地町・米水津村・大山町・上浦町・本匠村・鶴見町)にお住まいで、屋根塗装・外壁塗装をお望みの方は、大分県大分市下徳丸にある当社にお任せください。

高い技術力で高品質なサービスを、お客様の納得のいく値段設定で対応できるよう努めております。

最初のお電話からスピード対応。

住宅塗装技師推進協会・正会員

工事完成後のアフターケアまで、長期の長い約束!3社保証!親切・丁寧・笑顔で真面目。

嘘のない対応は、他社には負けない当社の強みです。

そして、また住宅カルテ、長期保証を提案出来るのは、手抜き工事はしない!保証に自信がある証拠、職人レベルも高い証拠です!

見積もりから完成後までの、親切・丁寧・笑顔の嘘のない対応は、他社には負けない当社の強みです。安心した気持ちで気軽にお問い合わせください。

201762162858.JPG

住宅カルテは駆け出しですが、お客様にはご迷惑をお掛けない様に、システム管理・資料作りに徹底していますが、万が一ご迷惑をお掛けする場合があるかも知れませんが、誠心誠意、最善を尽くしてがんばりますので、ご協力・ご理解の程よろしくお願い致します。