ホーム>塗料には使用期限がある!

塗料には使用期限がある!

ビックリ!!塗料の秘密

【塗料の使用期限を守らない塗装業者】

 

塗料には、使用期限(消費期限)があるのはご存じですか?

 

塗料の使用期限とは、

『その期間を過ぎたら塗料の品質が確保できなくなるので、期日内に塗り替えを行ってください』

 

それは、未開封で半年間から1年ぐらいだとされている。塗料の種類によっても違いがありますが、

一度、開封した塗料ならできる限り早く塗り切るのがベストなんです。

(塗料メーカーは一缶で何m2(平米)塗れます。とあります。

塗装する場所・部位・材質・下地状態などによって変わるんですが、ここは営業マンではわからない謎。

職人だからこそわかる塗料の伸び率が若干関与します。

数多くの塗装現場を経験してきた職人はm2数(平米)と塗装する面積・材質・下地状態を目視するとわかるんです)

 

在庫として、とっておいて何かの時に使うことが多いが、はっきり言ってそれは良くない。一度開けて空気に触れた塗料は急速に酸化してゆくので本来の品質を確保できないし、不具合を起こすリスクを背負うことになる。

 

だからと言って在庫を使わなくてはいけないことも塗装工事を請けていればわかる。

 

俺はそんな時はお客様に在庫品で余った塗料で塗装することをちゃんと伝える。本来は新しい塗料で塗るべきだが、予算などを考えて在庫品、余った塗料で塗らせてもらう了解を得る。

その時はきちんと一度開封した余った塗料を塗装するリスクも隠さず告げるのだ。

 

それでお客様が不安になるなら、新品の塗料を仕入れる予算を出してもらえばいいのだから。

 

塗装工事はリスクと自分との闘い。

ほとんどの塗装業者、塗装職人は自分たちの仕事が塗り不具合との闘いであることにまったく気がついていない。

中塗り・上塗りを通常では行わなければ、塗料品質を最大限に発揮することができない。

塗装専門の業者であれ、塗装職人であれ、メーカー指定の通常塗膜を塗らなければ意味がない。

 

『次の塗装現場がない』

『安くしてでも今すぐの契約が欲しい』

『会社から利益率は悪くても、数を取って来い』

など、悪い言葉をたくさん聞いてきました。

 

また、いくら安く契約出来たからといって安心してはいけません。

『ここの物件は予算(契約金額)がないから、安い塗料で…在庫塗料で…』

『集金を早めにしたいから、早く塗って工程を縮める』

上記にも記載したように、予算が出ないことから中塗り・上塗りの二回塗りを一回塗りに短縮する。

塗装を覚えたての経験が少ない人には出来ないことですが、三年間みっちり塗装業に携わっていれば一回で仕上げ塗りが出来ます。※職人に成れば成る程、塗料の調整や微調整、誤魔化しが出来る塗装作業なのです。

『一日のんびり塗って一日終われば、毎日変わらず給料がもらえる』

お客様の大切な住宅を塗装する、塗装専門職人としての緊張感はどこへいったのか!

 

古い塗料や消費期限の切れた塗料を使えば新品の塗料と比べてより高いリスクを背負うことになる。

だから、もったいないで済ませられないこともあります。

 

私たちが一流の塗装職人で塗装専門の仕事をしているなら、一度開けた塗料をなるべくは使いたくはありません。

お客様の一物件ごとに必要な塗料を仕入れて、余ったら在庫品として保管し、消費期限内の在庫品でも良いので安く仕上げて欲しいお客様に提案する。

決して塗料の無断では使い回しは絶対にしない。

消費期限の切れた塗料は年度末に廃棄処分する。

本当の塗装とはを、きちんとあるべき姿で施工塗装工事している塗装専門業者は在庫塗料が少ないのです。

ウソや誤魔化しをしてまで、お客様の大切な家の塗り替えしたくありません。

塗装専門職人としてのモラルが許しません。

 

これが一流の塗装専門業者のあるべき姿さじゃないのか!と思います。  

 

後、塗料販売店でもやたらと在庫が置いてある場合、平気で一年、二年、下手すると四、五年前の塗料を平気で売りつけるから気をつけないと。

 

ちゃんとロッド番号確認して塗料メーカーに聞けばいつ頃製造されたものか?必ず教えてくれるから。 

 

それから、住宅の塗装工事を行った後で、使用した塗料の出荷証明書を提出してくる場合があるけど、必ず出荷証明書には塗料のロッド番号を記入させて、使用した塗料の缶に書かれてロッドがわかる写真も一緒に提出させると良い。ロッド番号で製造年月日はわかるから、古い塗料を使用したら一発でわかるわけさ。  

 

住宅塗装の塗り替え工事は見えないところでいくらでもごまかせるし、でたらめなことをしても、それを暴露する塗装業者がいない。

 

その暴露話しができるのは塗装専門業者の塗装職人だけです。

塗装専門業者として塗装職人として生きてゆくなら、事を大きくして、

同業者から反感を買って村八分にされるくらいなら、世のため人のために暴露した方が利口だと思います。

 

塗装の本意とは…何か

 

これだけ、でたらめな塗装工事をしておきながら、泣き寝入りをしている被害者のお客様はたくさんいます。

なぜなら、塗装工事は過失を証明できないから。証明できる人間が協力しないのです。

大手ハウスメーカーや大手ゼネコンが、塗装リフォーム業界に参入の後に起こる現実的な状況です。

塗装職人であっても技術を出せない状態!生きていくために、お金のために、継続的な仕事のために…

と無残な誤魔化しの塗装工事をしているのが現状です。 

 

私たちエミフルホームは年配の熟年の職人さんはいません。

若い世代の子たちを育て、塗装専門業者のあるべき姿、真髄を教育しています。

若いから塗り替えは大丈夫って侮ってはいけません。

若いからこそ素直に塗装技術を学んでくれ、塗装のあり方を覚えてくれてます。

誤魔化し方法を教えていくのではなく、きちんとした塗装工事を教える。

次から次に出てくる新しい塗料にも対応できる。

 

 


 

201768212220.JPG  20176818484.JPG

 

住宅戦隊 ヌルンジャー 住宅塗装業界の平和を守る!

201762163315.png

大分県地域(大分市・別府市・中津市・佐伯市・日田市・宇佐市・竹田市・臼杵市・由布市・杵築市・豊後高田市・豊後大野市・国東市・津久見市・日出町・玖珠町・九重町・姫島村・湯布院町・久住町・野津町・挾間町・山香町・野津原町・安岐町・安心院町・国東町・庄内町・朝地町・武蔵町・荻町・犬飼町・蒲江町・太田村・院内町・直入町・佐賀関町・三重町・山国町・天瀬町・真玉町・本耶馬溪町・耶馬溪町・香々地町・米水津村・大山町・上浦町・本匠村・鶴見町)にお住まいで、屋根塗装・外壁塗装をお望みの方は、大分県大分市下徳丸にある当社にお任せください。

高い技術力で高品質なサービスを、お客様の納得のいく値段設定で対応できるよう努めております。

最初のお電話からスピード対応。

 

住宅塗装技師推進協会・正会員

工事完成後のアフターケアまで、長期の長い約束!3社保証!親切・丁寧・笑顔で真面目。

嘘のない対応は、他社には負けない当社の強みです。

そして、また住宅カルテ、長期保証を提案出来るのは、手抜き工事はしない!

保証に自信がある証拠、職人レベルも高い証拠です!

見積もりから完成後までの、親切・丁寧・笑顔の嘘のない対応は、他社には負けない当社の強みです。安心した気持ちで気軽にお問い合わせください。

201762162858.JPG

住宅カルテは駆け出しですが、お客様にはご迷惑をお掛けない様に、システム管理・資料作りに徹底しています。
万が一ご迷惑をお掛けする場合があるかも知れませんが、誠心誠意、最善を尽くしてがんばりますので、
ご協力・ご理解の程よろしくお願い致します。